リチウムイオン電池パック市場、2031年に1,203億米ドル規模超過見込み

再生可能エネルギー貯蔵の必要性の高まりがリチウムイオン電池パック市場を押し上げる

リチウムイオン電池は、再充電が可能であることから、携帯型電子機器や電気自動車への搭載が進んでいます。また、最近では軍事・航空宇宙分野でも使用されています。再生可能エネルギーに対する意識の高まりや、政府の厳しい規制により、再生可能エネルギーへの投資が増加しています。再生可能エネルギー源は継続的にエネルギーを供給するものではないため、一定の電力を供給するためにはエネルギーを貯蔵する必要があります。リチウムイオン電池パック市場は、技術の進歩と、再生可能エネルギーの貯蔵のための費用対効果の高いソリューションに対する需要の増加により、世界的に拡大すると予測されています。

パリ気候変動協定に同意する国の数は大幅に増加しています。この協定は、化石燃料への依存度を低下させることにより、二酸化炭素排出量と温室効果ガスの減少を保証するものです。これらは、リチウムイオン電池パックの新しい機会と需要の増加を予測しています。さらに、現在のリチウムイオン電池パックは、高度な技術を使用することで、軽量、小型で、待機時間が少なく、高いエネルギー密度を実現しています。また、リチウムイオン電池パックは、他の種類の電池と比較して、有害な重金属の含有量が少なく、環境にやさしい蓄電手段であることが証明されています。これらの要因が、2021年~2031年の予測期間におけるリチウムイオン電池パック市場を牽引すると考えられます。

電気自動車におけるリチウムイオン電池パックの使用状況

リチウムイオン電池は、自動車、船舶、消費財などの分野で使用量が大幅に増加しています。リチウムイオン電池は、他の電池に比べてエネルギー密度や電圧容量が高いのが特徴です。しかし、リチウムイオン電池のパックは、充電時間が長くなるとコストが高くなります。そのため、メーカーは電池の容量や寿命の向上、充電時間の短縮、電池の小型化などに取り組み、コストパフォーマンスを高める必要があります。さらに、リチウムイオン電池の交換費用は高く、定期的な交換は運用コストを増加させるため、メーカーは現在、電池の充電サイクル数を増やすことに注力しています。電池の技術革新が進み、市場競争が激化していることから、近い将来、リチウムイオン電池パックの価格は低下すると予想されます。

リチウムイオン電池パック市場は、2021年~2031年の予測期間中に約11%のCAGRで拡大し、2031年には1,203億米ドルを超えると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]