液体ポリブタジエン市場、2031年に45億米ドル規模超過見込み

様々な分野での液状ポリブタジエンの使用量増加が市場成長の要因に

揮発性有機化合物(VOC)が減少しているため、世界中で使用されている溶剤ベースの塗料に大きな圧力がかかっています。これまでの多くの用途では、溶剤系塗料の性能向上が求められています。しかし、粘度のような重要な機能の低下は、年々重要になってきています。液状ポリブタジエン(LPBD)は、高反応性の液状ポリマーで、無溶性のコーティング剤です。このポリマーは、他の天然の乾燥オイルと同じ特性を持っていますが、高度に不飽和です。このため、LPBDの硬化速度は他の天然オイルと比較して非常に速く、金属製の乾燥機を使っても刺激を与えることができます。

液体ポリブタジエン市場を牽引しているのは、耐薬品性に対する継続的な需要です。液体ポリブタジエンは、今後数年間、タイヤやゴムメーカーを含む様々な分野で世界的な需要増が見込まれています。同市場の2021年~2031年の予測期間におけるCAGRは約5%で、2031年には45億米ドルを超えると予想されています。

液状ポリブタジエン市場では、近年、プラスチックの使用量の増加が見られ、近い将来、成長が見込まれています。プラスチック材料の熱硬化工程およびポリエステル樹脂などの硬化工程において液体ポリブタジエンの使用が増えていることが、液体ポリブタジエン市場の成長に寄与しています。

しかし、プラスチックの環境への影響による厳しい規制は、プラスチック分野の成長を妨げる要因となります。生分解性プラスチックや石油系プラスチックの生産量の増加は、環境面での制約を克服するのに貢献します。

自動車やタイヤの生産台数の増加が液体ポリブタジエン市場を牽引する

合成ゴムは石油の副産物で、主にその粘弾性を利用しています。液状ポリブタジエンゴムは、トレッド、リム、エイペックス、カーカスなどのタイヤ部品に使用されています。液体ポリブタジエンはタイヤ製造に重要な役割を果たしており、自動車販売台数の増加に伴い、液体ポリブタジエン市場も予測期間中に成長すると予想されています。

液体ポリブタジエンは、自動車分野で大きなシェアを占めています。電気自動車のストック分野は、毎年36%増加し、2030年には最大で2億4,500万台の販売が予想されています。 インド、ブラジル、中国などの発展途上国では、自動車の需要が増加しており、これが世界の液体ポリブタジエン市場の拡大に影響を与えると推測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]