液体ディスペンサーポンプ市場、2030年に4億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

液体ディスペンサーポンプ市場は、2020年~2030年の予測期間中に5%のCAGRで拡大し、2030年には4億2,000万米ドルの規模に達すると予測されています。

エンドユーザーの間で殺菌剤製品の需要が高まっていることが、予測期間中の液体ディスペンサーポンプ市場を押し上げると予測されています。

スマートな液体石鹸ディスペンサーポンプがCOVID-19の感染防止に貢献

COVID-19のパンデミック時には、新型感染症の蔓延を防ぐために、自動液体ソープディスペンサーの人気が高まりました。ジャガー社をはじめとする液体ディスペンサー市場の参入企業は、バスルームの除菌や衛生面への関心の高まりを受けて、消費者に自動ソープディスペンサーへの投資を呼びかけています。さらに、米国疾病管理予防センター(CDC)のガイドラインでは、COVID-19の感染を防ぐための重要な習慣として、手洗いを強調しています。

センサー技術や非接触型アメニティの導入が進んでいることで、世界の液体ディスペンサーポンプ市場の参入企業に収益機会をもたらしています。メーカーは、手洗い時のアメニティとの接触を最小限に抑えるために、自動液体ソープディスペンサーポンプの技術革新により、長期的な成長のメリットを享受しています。

DRDO承認の自動タッチレスハンドサニタイザーディスペンサーがインドで人気を博す

スマートで非接触型の液体ディスペンサーは、除菌剤の量を均一にし、様々な施設にモダンな美しさをもたらします。しかし、電池の消耗が激しく、特にインドのような発展途上国では、自動液体ディスペンサーポンプの購入コストが高く、市場成長に影響を与えています。そこで、OakMist社をはじめとする液体ディスペンサー市場の参加企業は、従来の欠点を克服するために、DRDO(Defense Research and Development Organisation:国防研究開発機構)認定のタッチレス自動ハンドサニタイザーディスペンサーの提供を拡大しています。

液体ディスペンサー市場のメーカーは、使いやすく、ユーザーとの接点をなくした壁掛け式やコンパクトな液体ディスペンサーの生産能力を高めています。

エアレスポンプ技術とリサイクル可能な容器が競争力を高める

細分化された液体ディスペンサーポンプ市場で競争するメーカーにとって、正確な機能と性能の向上は必須条件となっています。イギリスのノリッチにあるパッケージング会社Raepak社は、このような要求を認識し、消費者の要求を満たすために、スタイリッシュなデザイン、エンボス加工されたポンプのディテール、そして高い性能を備えた容器のリサイクルに精通しています。

液体ディスペンサーポンプ市場の参入企業は、容器内の液体をほぼ完全に排出するポンプアクション技術の研究を強化しています。このような技術は、液体の無駄遣いを防ぎ、消費者の満足度を高めるのに役立ちます。また、ポンプアクション技術は、液体の投与量をコントロールし、ユーザーのコスト削減を可能にします。エアレスポンプ技術は、真空とピストンを容器に組み込むことで、容器内の液体を効率的に排出する技術として注目されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]