液体栄養補助食品市場、2031年に426億米ドル規模到達見込み

栄養補助食品はコロナウイルス対策に役立つか?

液体栄養補助食品市場は、コロナウイルスの大流行による製品販売の急増と、個人消費の減少の間で、押し引きの効果が見られます。ハイリスクな患者や個人のビタミン不足により、医療現場では栄養補助食品の需要が高まっています。

液体栄養補助食品市場のメーカーは、COVID-19のパンデミック時に個人が最適な健康と免疫力を維持できるよう、粉末および液体のタンパク質補助食品の生産能力を高めています。消費者は、オートミールやプリン、さらにはミートローフなど、液体タンパク質サプリメントを使った新しいレシピを模索しています。一方、メーカーは、製品の普及を促進するために、オンライン販売を強化し、広告やパッケージ戦略を改善しています。体重を気にする消費者は、天然成分を使用したサプリメントに徐々に惹かれています。

ビタミンAが豊富なエルダーベリーが呼吸器系や目の疾患の治療に役立つ

エルダーベリーシロップは、抗ウイルス、抗がん、抗炎症作用があり、インフルエンザの治療に効果が期待できるハーブサプリメントとして注目されています。しかし、エルダーベリーシロップは、一部の医薬品と作用し合う可能性が高いです。そのため、液体栄養補助食品市場のメーカーは、摂取前に医師の診察を受けることを啓蒙し、意識を高めています。

テラ・ファーマ・ボタニカルズ社は、防腐剤を含まないエルダーベリーシロップを含むオーガニックハーブエキスで注目を集めており、動物実験も行われていません。エルダーベリーの豊富な効能は、アンチエイジング効果やコレステロール低下作用を持つ液体栄養補助食品に反映されています。液体栄養補助食品市場の参入企業は、皮膚疾患、呼吸器疾患、眼の疾患の治療に役立つビタミンAが豊富なエルダーベリーについての認識を高めています。

サプリメントと従来の食品を区別するFDAガイドライン

液体栄養補助食品市場は、2021年~2031年の予測期間中に9%の堅調なCAGRで拡大すると予測されています。しかし、消費者は液体エネルギー製品と液体栄養補助食品を混同しています。そのため、メーカーは、消費者の混乱を避けるために、表示方法や処方、その他のコンプライアンスを改善しています。

液体栄養補助食品市場の企業は、製品を栄養補助食品と従来の食品のどちらとして表示すべきかを判断するために、FDA(米国食品医薬品局)が定めたガイドラインに従っています。これは、液体サプリメントの種類によって規制が異なり、製品に含まれる成分の許容量が決まる可能性があるためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]