雷保護機器市場、2021年から2031年まで約10%のCAGRで拡大見込み

COVID-19危機における高額な入院費の回避に雷保護機器が役立つ

COVID-19が蔓延している地域では、雷雨に備えて緊急事態に備えることが求められています。産業界や商業界の関係者は、雷保護機器に投資することで、入院や保険にかかる余分なコストを回避しています。このように、雷保護機器市場のメーカーは、コロナウイルス危機の間に変化した消費者の動向を利用しています。

交通手段が制限され、消費者の総支出が大幅に減少したことで、雷防護製品市場の収益の流れが乱れています。そのため、COVID-19ワクチンが貿易活動を後押しし、2021年末までに正常な状態に戻すと予想されています。そのため、サプライヤーやメーカーは、パンデミックの間も経済を維持するために、建設、医療、インフラなどの分野でミッションクリティカルなプロジェクトに注力しています。

継続的なトラブルシューティングと研究開発が必要な接地システムの長所と短所

ロッド、メッシュコンダクタ、カテナリーワイヤなどのさまざまな保護システムには、それぞれ、設置が容易であること、保護された構造物内の電磁放射効果を低減できること、オープンゾーンを保護できることなどの利点があります。しかし、ロッドは小型構造物の保護に限界があり、メッシュコンダクタは設置が複雑でコストがかかるという欠点があります。一方、カテナリーワイヤは、昇降装置が使用されるハンドリングエリアでは潜在的に危険です。そのため、継続的な問題解決と研究開発により、製品の改良を進める必要があります。

雷保護機器市場の企業は、外部保護用途で人気を博している天然成分による保護の生産能力を高めています。

インドの高層近代インフラが雷保護機器の需要を喚起

インドでは、ビル、ホテル、煙突、空港などの高層構造物が雷保護機器の需要を喚起しています。JMV LPS社は、アース及び雷保護機器の製造会社で、この機会を利用して、エアターミナル、アース接続、雷保護機器などを提供し、高層の近代的インフラの厳しい仕様に対応しています。

電子機器や電気設備の技術的進歩は、雷保護機器市場のメーカーにとって、新たな機会となっています。ボンディングコンポーネントのイノベーションには、金属製の物体を接地システムに接続することでサイドフラッシュに対する保護を提供する分岐導線が含まれます。トンネル、製油所、病院、商業タワーなどは、雷保護機器の収益源を広げています。

認定された雷保護の専門家が、認定された基準に従ってコンポーネントを設置する

人工知能(AI)、ロボット工学、モノのインターネット(IoT)技術の普及により、世界はより複雑で相互に結びついたものになっています。このような傾向は、電気システムを損傷から守る必要性が重要になっていることから、雷保護機器市場の主要なドライバーとして浮上しています。そのため、世界的な独立系安全科学企業であるUL, LLCは、スマートな構造物のための雷保護とサージ保護に関する認証を受けたサプライヤーの認知度を高めています。

雷保護機器の厳格な試験と証明書は、メーカーの信頼性を高めています。雷保護機器市場のサービスプロバイダは、適用される公認規格に従って電気部品を設置する努力をしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]