血管内超音波(IVUS)デバイス市場、2031年までに12億2,000万米ドル規模超過見込み

コロナウイルスの拡散を防ぐためには、IVUS機器の消毒が不可欠

超音波検査は、患者と医療従事者の間で大きな相互作用を伴う画像診断技術の一つです。これらの技術が安全に実施されなければ、医師や患者の間でCOVID-19感染のリスクが高まる可能性があります。このような動きは、血管内超音波(IVUS)デバイス市場の成長に影響を与えると予測されます。

IVUS機器を十分に検査しないと、緊急時にコロナウイルスに感染するリスクが高くなることから、IVUS機器の洗浄・消毒が重要になっています。血管内超音波(IVUS)デバイス市場の企業や医療施設では、IVUS機器の除菌のために特定の指示に従うという意識が高まっています。医療施設では、次亜塩素酸ナトリウム溶液やエタノール溶液などの適切な消毒剤を使用して、超音波プローブやシステムを消毒しています。

特定の解剖学的特徴、患者の特徴がIVUS-OCT機器の採用に影響を与える

血管内超音波(IVUS)デバイス市場は、2031年までに12億2,000万米ドルを超えると予測されています。左冠状動脈疾患の診断を向上させ、臨床結果を改善するために、医療技術企業はIVUSと光干渉断層計(OCT)を組み合わせて、冠状動脈内の構造を可視化する装置を開発しています。しかし、ガイダンスや診断ツールとして、どの画像モダリティが優れているかは明らかではありません。そのため、それぞれのイメージングモダリティは、特定の解剖学的特性や患者の特性に大きく依存しています。このような知見が、市場の成長に影響を与えています。

医療技術企業は、多枝冠動脈疾患の診断を進化させるために、IVUSとOCTのイメージングモダリティを用いたハイブリッドカテーテルの開発に向けて、研究開発を強化しています。

複雑なCTO病変の診断にIVUSイメージングが人気を博す

今日でも、慢性完全閉塞(CTO)の血行再建は、手続き上の課題となっています。先細りのCTOは、鈍いCTO病変、曖昧なCTO病変、スタンプレスCTO病変と比較して、成功率が高いことがわかっています。IVUS画像は、側枝、内膜、中膜の存在を認識することで、真の内腔と内膜下の空間を区別するのに役立ちます。このような知見は、血管内超音波(IVUS)デバイス市場の医療技術企業に価値獲得の機会をもたらしています。

血管内超音波(IVUS)デバイス市場の企業は、CTO病変の画像診断における装置の需要から利益を得ています。この技術は、ガイドワイヤーが内膜下腔から真の内腔に再進入するのを確認するのに役立ちます。IVUS誘導配線技術は、標準的な配線手順が失敗した場合の順行性アプローチのオプションとして検討されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]