炭化水素樹脂市場、2031年に40億米ドル規模到達見込み

コロナウイルスパンデミックの中、主力製品の製造に注力し、ビジネスを復活させる

コロナウイルスのパンデミックは、グローバルな社会のあり方を変えてしまいました。炭化水素樹脂市場の企業は、様々な最終市場でサプライチェーンの混乱を目の当たりにしています。経済を維持するために、メーカーは建設、個人衛生、タイヤ産業などの重要な産業の事業継続性を確保しています。そのため、COVID-19ワクチンを用いた大量接種は、2020年に自動車産業が被る損失を相殺すると推測されます。炭化水素樹脂市場は、2031年には40億米ドルの規模に達すると予測されています。

炭化水素樹脂市場のメーカーは、市場の成長を復活させるために、接着剤、ゴムコンパウンド、塗料などの必需品の生産に注力しています。また、COVID-19の進行に伴い、海外との取引が困難になっていることから、現地での生産・供給戦略を強化しています。

ベースポリマーとの相溶性の低さが炭化水素樹脂の需要に影響

炭化水素樹脂市場は、2021年~2031年の予測期間中に6.7%の良好なCAGRを記録すると予想されています。しかし、炭化水素樹脂タッキファイヤーは、石油を原料として製造されるため、原油価格に左右されるという欠点があります。さらに、これらの樹脂は、天然の原料から製造されるタッキファイヤーに比べて、ベースポリマーとの相溶性の範囲が狭いという問題があります。様々な課題があるものの、メーカーは製本、カーペット施工、ポリマー改質の用途で生産性を高めています。

メーカーは、収益機会を活かすために、ヨーロッパ、中東、アフリカで事業を拡大しています。例えば、世界的な先端材料・特殊添加物メーカーであるイーストマン社は、酸への耐性を持ち、溶剤の放出に有利な働きをするPicco™ A-120炭化水素樹脂のマーケティング能力を高めています。

保護コーティングと道路アスファルトが炭化水素樹脂の需要を促進

炭化水素樹脂市場では、ケース&カートンクロージャー、保護コーティング、屋根材などの用途が、メーカーにとって新たな機会を生み出しています。化学系企業は、優れた顔料湿潤性、熱可塑性、非反応性を持つ樹脂を製造するための強力な研究基盤を得て、原料や最終製品の採用を促進しています。メーカーは、低分子量で非常に撥水性が高く、商業印刷用インクで良好な色安定性を示す樹脂の生産を増やしています。

特殊テープ、ワイヤー&ケーブル、道路用アスファルトなどが炭化水素樹脂の需要を促進しています。炭化水素樹脂市場の企業は、この機会を利用して、酸素やUV(紫外線)に対する優れた耐性を持ち、タック保持力を向上させ、強化および非強化フィラーの両方に使用できる製品を開発しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]