HTPB市場、2031年末までに2億米ドル規模到達見込み

COVID-19の大流行の中、メーカーは防衛用途でのビジネス継続性を確保

COVID-19の流行により、様々なエンドマーケットの生産活動が急増しています。そのため、HTPB市場のメーカーは、防衛や建設などの基幹産業や、その他のミッションクリティカルなプロジェクトに注力しています。事業の継続性を確保するために、メーカーは接着剤や表面コーティング剤、その他の必須製品の安定したサプライチェーンを増やし、維持しています。

HTPB市場では、自動車や電子機器向けの売上が減少しています。そのため、2020年の損失を補うために、コロナウイルスの流行により使い捨てプラスチックの使用が大幅に増加していることから、包装用途での収益源を拡大するための取り組みが強化されています。また、冷蔵庫・冷凍庫の断熱材や家具のクッション材などの需要は、人々が室内で過ごす時間が長くなっていることから、メーカーにとっては収益機会となっています。

HTPBとTESPT-SBR加硫物の特性向上に適しているのはどちらか

低分子量のヒドロキシル基末端ポリブタジエン(HTPB)によるシリカの表面改質と、ビス(3-トリエトキシシリルプロピル)テトラスルフィド(TESPT)による表面改質が、スチレン-ブタジエンゴム(SBR)加硫物のトライボロジー特性、機械特性、粘弾性特性に及ぼす影響を比較しています。しかし、HTPB改質法では、TESPT改質法と比較して、加硫物のトライボロジー特性が向上しないことがわかっています。そのため、HTPB市場のメーカーは、高エネルギー材料の複合材料のイノベーションなど、別のビジネスストリームに注力しています。

HTPBは、粉体の取り扱いを改善し、ナノサイズのアルミニウム(nAl)の使用を容易にし、経年変化に対する感度を制限することが知られています。

固体ロケット燃料に優れた特性を付与したインド人研究者が評価される

HTPB液体は固体ロケット燃料に使用されています。この液体は燃料の中でエネルギーバインダーとして働き、不活性物質をエネルギー分子に置き換え、固有の特性を保持します。HTPB市場の参入企業は、HTPB液体を使用して固体ロケット燃料の品質を向上させる特許を取得したインドのハイデラバード大学(UoH)の高エネルギー材料先進研究センター(ACRHEM)のような研究者と協力する必要があります。

HTPB市場の企業は、HTPBの末端にエネルギー分子をテザーリングする研究開発力を高めており、これが固体ロケット燃料に使用されるエネルギー性の高いHTPBバインダーにつながっています。

スマートフォンの販売拡大に伴い、自己修復型のHTPBエラストマーの需要が高まる

HTPB市場は、2031年末までに2億米ドルに達すると予想されています。メーカーは、ポリマー材料の寿命を延ばすことができる自己修復性材料を開発するために、研究開発能力を高めています。自己修復材料は、電子製品、軍事機器、自動車、建築資材などで需要が高くなっています。同様に、スマートフォンやタブレット端末の販売が伸びていることも、HTPB市場のメーカーが生産目標を増やすのに役立っています。

損傷を受けたHTPBエラストマーの限界を克服するために、メーカーは自己修復型のHTPBエラストマーの生産能力を高めています。自己修復型のHTPBエラストマーは、硬化剤や触媒を用いて自己修復時間内に多次元の機械的刺激を検知するように最適化されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]