電気式サブメーター市場、2030年末までに77億米ドル規模到達見込み

COVID-19流行期間中、漏電に対する意識が電気式サブメーターの需要を高める

コロナウイルスの大流行により、電気式サブメーターの製造・供給ルートの大半が停止しています。電気式サブメーター市場への参入企業は、パンデミック後、ビジネスが急速に回復すると予測しています。いくつかの製造施設の再開により労働者の雇用機会が創出されており、2021年には復活すると予想されています。

COVID-19の感染者の数は、世界の多くの地域でまだ確定していません。そのため、電気式サブメーター市場の企業は、レンタルサービスを提供する企業、工業用、商業用など、コスト削減を意識している顧客をターゲットにしています。また、漏電や停電に対する意識が高まっていることから、正確でリアルタイムなエネルギー使用量のデータを提供するスマートサブメーターが求められています。

新型の電気式サブメーターは、建物の共有部分の電気料金を除外する

エネルギーコストの配分は、電気式サブメーターを使用することで、より正確に、よりよく記録されます。しかし、多くの場合、これらの個別メーターでは、廊下、前庭、地下室、地下駐車場などの建物の共用部分にあるメーターの必要性を排除することはできません。それゆえ、Hydro-Québec社のメーターは、共用部の電気料金を除外するエネルギー効率の高いソリューションとして注目を集めています。

電気式サブメーター市場は、2030年末までに77億米ドルに達すると予測されています。ゼネラル・エレクトリック(GE)社のマルチリンEPM 4600マルチフィード電力・エネルギーメーターは、特定のエリアの電力・エネルギー使用量を迅速かつ正確に、そして集中的に測定し、運営費の削減に貢献することで評価を得ています。

工場経営者が注目するデジタルメーターソリューション

電気式サブメーター市場では、各社が提供する製品に高度な通信機能やログイン機能が搭載されています。メーカーは、総合的なデータロギング機能を備えたサブメーターソリューションの提供を拡大しており、Wi-FiやUSB(Universal Serial Bus)などのオプションを利用することで、既存および新規のインフラに簡単に組み込むことができます。電気式サブメーター市場の参入企業は、工場や企業、キャンパス内のエネルギー使用量を監視・管理するソリューションを開発しています。

デジタルメーターソリューションは、電気式サブメーター市場で急成長している現象です。豊富なデータロギングとアラーム記録機能を備えたシステムは、バイヤーの注目を集めています。電力システムの高度な分析と予測的なメンテナンスは、メーカーにとって価値ある機会となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]