ダウンストリームプロセス市場、2030年末までに254億米ドル規模超過見込み

COVID-19ワクチンを精製するリガンド技術が市場の成長を復活させる

ダウンストリームプロセスにおける最新の進歩は、RNAやCOVID-19ワクチンを精製するためのリガンド技術です。ダウンストリームプロセス市場への参入企業は、Navigo Proteins社やRepligan社のように、COVID-19ワクチンの精製のためにSARS-CoV-2スパイクタンパク質をターゲットとしたアフィニティ・リガンドを開発した企業が多くあります。彼らは、COVID-19ワクチン製造時の歩留まりを向上させる関連アフィニティークロマトグラフィー樹脂の開発と検証に注力しています。

経済を維持するために、ダウンストリームプロセス市場の企業はプラットフォームベースの精製ソリューションを開発しています。また、アフィニティークロマトグラフィー技術の革新にも力を入れており、ワクチンを含むバイオ医薬品製造業界全体で増加する規制や生産能力の要件に対応しています。

ダウンストリームプロセスでの回収率の向上により、医薬品の最終工程での収率が向上

ダウンストリームプロセス市場は、2030年末までに254億米ドルを超えると予想され、年平均成長率は約13%になると見込まれています。しかし、ダウンストリームプロセスでのボトルネックを解消し、コスト効率を高めることが求められています。

ダウンストリームプロセスの企業は、原料の特性を改善したり、精密に制御されたバイオリアクターを使用してアップストリームプロセスの収率を向上させる努力をしています。しかし、ダウンストリームプロセスのスループットの向上はアップストリームプロセスに追いついておらず、その結果、エンドツーエンドのプロセスにおいて潜在的なボトルネックが生じています。そのため、企業は大規模な生産量を管理するための大型クロマトグラフィーシステムを構築するために、多額の設備投資を行っています。下流での回収率を向上させることは、医薬品の最終的なプロセス収率を向上させるためのコスト効率の高い方法として注目されています。

シングルユースシステムが製品回収のスピードアップとダウンストリームオペレーションの簡素化に貢献

シングルユースシステムは、少量生産、目標回収率の向上、コンフォーメーション時間の増加を実現します。膜吸着装置やシングルユースのクロマトグラフィーカラムは、ダウンストリームプロセスの市場で非常に注目されています。これは、研究室がピペットやチューブなどの使い捨て材料に慣れていることからも明らかであり、シングルユースのフィルター、クロマトグラフィーカラム、膜吸着器が受け入れられるようになっています。

また、製品を濃縮するためのスピンフィルターや透析濾過などの新しい技術も、ダウンストリームプロセスの簡素化に貢献しています。このような理由から、予測期間中、ダウンストリームプロセスの市場は急速なペースで進歩すると考えられます。シングルユースシステムは、初期のターゲットデザインや確認、動物実験における製品回収の迅速化に役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]