除菌用ワイプ市場、2030年末までに167億米ドル規模超過見込み

除菌用ワイプでコロナウイルスを殺菌できるのか?

COVID-19の大流行により、人々の除菌用品への関心が高まっています。除菌用ワイプ市場のメーカーであるクロロックスプロ(強力なクリーニング用品のプロバイダー)は、EPA(米国環境保護庁)が承認した、コロナウイルスの病原体を洗浄・消毒できる可能性のある除菌用ワイプの宣伝活動を強化しています。

除菌用ワイプ市場のメーカーは、ウイルスやバクテリア、風邪のインフルエンザ菌を殺す製品への急増する需要に応えるため、猛烈なスピードで取り組んでいます。しかし、それが保証されているわけではなく、除菌用ワイプがコロナウイルスの無い家庭を実現するのに役立つという証拠はありません。そのため、各社はしっかりとした除菌成分を使用し、高品質な製品を提供するようになっています。また、コロナウイルスの蔓延を防ぐために、病院でのベイビーケア用の使い捨てワイプやその他の重要な用途にも力を入れています。

除菌用ワイプと除菌用スプレー―どちらが優れているか?

除菌用スプレーと比較して、除菌用ワイプは物質の損失が少ないです。しかし、使い捨てのワイプをトイレに置いておくと、環境に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、消毒液市場のブランドは、環境破壊を防ぐために、廃棄物容器に廃棄することを意識しています。除菌用スプレーは、除菌用ワイプよりも価格面で有利です。しかし、安全性、使いやすさ、見た目の良さなどを考慮すると、除菌用スプレーのコスト面での優位性は相殺される傾向にあります。

除菌用スプレーは使用時に機器の手入れが必要となるため、手間のかからない除菌用ワイプの売上が増加しました。除菌用ワイプ市場のメーカーは、自社製品を最新の消毒ソリューションとして宣伝し、製品の普及を促進しています。

研究開発により、高接触面を長時間保護する製品の開発が進む

除菌用ワイプ市場は、2030年末までに売上高167億米ドルを突破すると予測されています。コロナウイルスの発生により、メーカーはウイルス、菌、バクテリアを30日以上にわたって保護する製品の開発が求められています。バイオクリーンは、植物由来の技術であるrep-L®(レップ・エル)を活用して、微生物の細胞を迅速に死滅させ、抗菌効果を発揮することで注目されているブランドの一つです。

除菌用ワイプ市場のメーカーは、表面を保護するために、1分以内にウイルス、バクテリア、真菌を殺すことができる製品の強力な研究基盤を獲得しています。このような製品は、頻繁な洗浄の必要性を排除し、触れる機会の多い表面や手指を長期間にわたって保護します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]