化粧板市場、2030年に721億米ドル規模到達見込み

COVID-19パンデミックの際、Eコマースと新製品が製品需要の再構築に貢献

コロナウイルスの危機を乗り越えるために、化粧板市場の企業は強固なサプライチェーンを維持し、ヘルスケア、小売、ホスピタリティの分野でミッションクリティカルなアプリケーションに対応しています。ATI Decorative Laminates社は、COVID-19の流行が続く中、革新的な新製品であるAcrylic Divider PanelやDeco-Defenderなどの需要を喚起するため、Eコマース事業への参入を発表しました。

抗菌性ラミネートは、化粧板市場のメーカーにビジネスチャンスをもたらしています。しかし、多くの人々は、家具やラミネート製品、家庭用インテリア製品などの非必需品への支出を増やすことにまだ躊躇しています。このような場合、電子商取引やソーシャルメディアのプラットフォームが、抗菌性のあるラミネートやコーティングの需要を高めることで、市場の収益を促進しています。

ラミネートとベニヤ―どちらが優れているか?

ラミネートは通常、ベニヤよりも価格が手頃です。しかし、見た目の美しさという点では、ラミネートよりもベニヤの方がエレガントで優美といえます。種類の多さという点では、化粧板市場の企業はこの利点を生かしています。ラミネートには、テクスチャー仕上げ、高光沢仕上げ、ソフト仕上げ、マット仕上げがあります。一方、ベニヤは、紙貼り、重ね貼り、再構成化粧板など、限られた色調のものしかありません。

突き板はラミネートに比べてメンテナンスが必要です。このような利点は、化粧板市場のステークホルダーにとってビジネスチャンスとなります。また、耐傷性や防水性に優れたラミネート材の利用も増えています。

住宅のリフォームやオフィススペースが化粧板の需要を後押し

化粧板市場は、2030年には721億米ドルに達すると予測されています。メーカーは、商業施設やオフィススペースでの収益源を拡大しています。インドのオフィス空間では、落ち着いた雰囲気を演出するために、1mm厚の高機能ラミネートが人気を集めています。オフィスのような人通りの多い場所では、ゼロフィニッシュラミネートが好まれています。

カウンタートップやキャビネットに使用されるラミネートは、住宅のリフォームやデザイン業界で注目されています。化粧板市場のメーカーは、顧客が住宅のリフォームに必要な他の製品にお金をかけられるように、コスト効率の良いラミネートの入手を増やしています。そのため、石のような質感のカウンタートップや、高光沢、マットな仕上げのラミネートなど、モダンな印象を与える製品が住宅市場で認知されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]