コンプレッサーホイール市場、2030年末に270億米ドル規模到達見込み

COVID-19の危機の中、合併と政府のインセンティブで製造工場の機能を維持

COVID-19のパンデミックにより、自動車業界は世界各地で様々な状況に置かれています。最近では、英国の自動車・バンメーカーであるボクスホール社が、コロナウイルスの発生により需要が低迷していることから、同社のEllesmere Port工場での自動車生産を一時的に停止すると発表しました。これにより、コンプレッサーホイール市場の各社のビジネスに影響が出ることが予想されます。

コンプレッサーホイール市場でパンデミックが続く中、M&Aが活発化しています。企業は、製造工場を稼働させるために政府の支援を求めています。2020年に生じた損失を相殺するために、企業は今後数年間で完全な電気自動車を作るためのインセンティブを政府に求めています。

コンプレッサーホイールにかかる負荷を軽減する設計上の工夫

コンプレッサーホイールの従来の設計は、ターボチャージャーの回転速度の上昇に影響されるため、2021年~2031年の評価期間におけるコンプレッサーホイール市場のCAGRは4%程度と緩やかなものになると予測されています。従来のコンプレッサーホイールのデザインは、ターボチャージャーの回転速度が上がると影響を受け、コンプレッサーホイールにかかる力が大きくなります。そのため、企業はスーパーバックなどのデザインバリエーションを導入し、コンプレッサーホイールのエクスデューサ直径の過度な摩耗や破損を防いでいます。スーパーバック設計は、高負荷に対処するために、最もストレスのかかるホイール領域に材料を追加するのに役立ちます。

コンプレッサーホイール市場の企業は、ディープ・スーパーバック・エクステンド・チップのような誇張されたデザインを開発しています。このデザインは、より大きな空気の流れを促進すると同時に、低いエンジン速度でより速いブーストレスポンスを提供します。

電動モーターによるターボチャージャーの電動化が自動車の敏捷性を高める

電動ターボチャージャーの普及は、コンプレッサーホイール市場に大きな変化をもたらすと予想されます。2030年末には270億米ドルの売上に達すると予測されているのもそのためです。メルセデスAGMの未来は、その重要な部分が電動化されつつあり、新しい電動排気ターボチャージャーの進化に焦点が当てられています。このようなトレンドは、コンプレッサーホイール市場のメーカーにとって収益機会につながっています。

電気モーターを内蔵した排気ガスターボチャージャーは、自動車の敏捷性を向上させると予測されています。ターボチャージャーを電動化することで、アイドリングストップからエンジンの全回転域でのレスポンスが大幅に向上します。これは、従来のターボチャージャーの応答性の遅れが、電気モーターによって解消されることを意味します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]