心血管近位部吻合装置市場、2030年に2,360万米ドル規模到達見込み

トリアージ分類システムは、COVID-19危機における緊急医療において重要性を増している

コロナウイルスは、医療システムの脆弱性を露呈しました。血液製剤、麻酔スタッフ、ICU(集中治療室)での治療など、周術期や術後のケアが広範囲に及ぶことから、医療アドバイザーはトリアージ分類システムを提案しています。この分類は、多くの地域で医療施設の障害が続いているため、緊急に治療を必要とする患者の優先順位を決めるのに役立ちます。このような対策が、心血管近位部吻合装置市場の成長を復活させています。

心臓手術を受ける患者は、侵襲性が高く、エアロゾルを発生させる処置(AGP)を受ける危険性があり、入院期間も長期にわたるため、COVID-19の流行においては特殊な集団と言えます。そのため、心血管近位部吻合装置市場のメーカーは、臨床医の要求に応えるために強固なサプライチェーンを維持しています。

クランプレス近位部吻合装置は、心臓手術における課題の克服に役立つ

心血管近位部吻合装置市場は、2030年には2,360万米ドルに達すると予想されています。しかし、心肺バイパスやハイブリッド大動脈弓切除術が利用できるにもかかわらず、磁器状や毛羽立った上行大動脈は、心臓手術の際に困難を伴うと考えられています。そのため、医療関係者の間では、クランプレス近位部吻合装置に対する認識が高まっています。

心血管近位部吻合装置市場の企業は、小口径の大動脈アプローチ用のクランプレス近位部吻合装置の入手を増やしています。外科医は、以前に大動脈手術を受けた患者の治療にこの装置を使用しています。

手術室で好まれるクランプレス吻合装置の安全なメカニズム

心血管近位部吻合装置市場では、冠動脈バイパスグラフト術(CABG)のオンポンプ・オフポンプ時の大動脈操作を最小限に抑える製品の開発が進んでいます。Vascular Graft Solutions社は、大動脈を部分的にクランプすることなく、保護された清潔で乾燥した状態で近位部の吻合を行うことができるViolaクランプレス吻合装置を開発し、FDA(米国食品医薬品局)の承認を取得しました。

クランプレス吻合装置の信頼性の高いデザインと安全なメカニズムは、心臓外科医に好まれています。医療技術企業は、CABGにおける最大のアンメットニーズの1つである静脈グラフト不全と周術期の神経合併症を解決する装置を開発するために研究開発を強化しています。そのため、企業は1つのデバイスで複数の吻合を行うことができるように、クランプレス吻合装置に統合されたパンチングメカニズムと優れたシーリング品質を取り入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]