車載式故障診断装置市場、2031年までに220億米ドル規模到達見込み

COVID-19パンデミック後のOEM、保険会社はテレマティクスの恩恵を受ける

コロナウイルスのパンデミックが自動車業界に大きな影響を与えたとしても、パンデミックはステークホルダーを情報化時代へと向かわせます。車載式故障診断装置市場の参入企業は、保険やOEM(相手先ブランドによる製造)に関わる無線通信、車載電子機器、位置情報技術などの分野で、将来の収益機会を見込んでいます。このようなトレンドは、テレマティクスへの道を開くものです。

テレマティクスを利用することで、ドライバーは従来のペイパーマイルプログラムのように、走行距離に応じて保険料が割引されるようになると予測されます。保険会社も、走行距離やドライバーの行動データを利用してリスクポートフォリオをより適切に管理できるようになり、正確なリスク予測が可能になります。車載式故障診断装置市場に不可欠な存在であるOEMは、テレマティクスを利用してコネクテッドカーのデータを活用し、自動車の所有者に付加価値を提供しています。

テレマティクス導入の遅れを克服するには、リアルタイムでの保険価格設定の認知度が必要

テレマティクスを利用した保険には明確なメリットがあるにもかかわらず、自動車の所有者はこれまでその導入が遅れていました。そのため、車載式故障診断装置市場は、2021年~2031年の予測期間においてCAGR5%程度の緩やかな成長をすると予測されています。

電気自動車のメリットを多くの人が知るようになると、テレマティクスを利用した保険は、従来の方法に比べて収益性が高く、継続期間も長く、顧客満足度も高いということが、関係者の間で認識されるようになると予想されます。テレマティクスは、走行距離とドライバーの行動の両方に基づいたリアルタイムの保険料設定を可能にします。

新しい車載式故障診断装置が車両追跡を可能にし、ダウンタイムを削減する

車載式故障診断装置市場は、2031年までに220億米ドルに達すると予想されています。自動車業界向けにSoC(システムオンチップ)を提供しているインディ・セミコンダクター社は、この機会を利用して、2021年3月に新しい車載式故障診断装置(オンボード診断)デバイスを発売しました。

車載式故障診断装置市場の参入企業は、車載式故障診断装置の包括的なハードウェアとソフトウェアのサプライチェーンを強化するために合併を進めています。車載式故障診断装置には、ブラックボックスのイベントデータレコーダ、ジオフェンシング、車両追跡などがあります。リモート診断ソリューションは、ダウンタイムや故障のリスクを減らすために、予防的メンテナンスを確立し、車両のサービスサイクルをスケジューリングする上で重要な役割を果たします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]