アルキレート市場、2031年末に994億米ドル規模到達見込み

COVID-19の発生でプレミアムガソリンの需要が減少し、アルキレートの価格が低下

COVID-19の発生により、インドのリライアンス製油所から流れてくるアルキレートに対するニューヨーク港の需要は減少しています。このような傾向は、インドのアルキレート市場の拡大に影響を与えています。パンデミックはプレミアムガソリンの需要を圧迫し、アルキレートの価格低下を招き、オクタン・スプレッドを圧迫する原因となっています。プレミアムRBOB(Reformulated Gasoline Blendstock for Oxygen Blending)の過剰な供給と薄い混合マージンがアルキレート市場の成長に影響を与えています。

サプライヤーは、2021年4月のコロナウイルス拡大のピーク時に過剰なアルキレートを保管しており、2021年夏まで保管する予定でした。また、製油所の稼働率が低下したため、アルキレートの供給が滞っています。そのため、COVID-19ワクチンの大量接種や、堅実な財務計画に基づく事業活動が、2021年第3四半期および第4四半期の市場成長を復活させると予想されます。

高度な硫酸アルキル化により、モーターガソリン混合時の副反応を防ぐ

アルキレートの世界市場は、2021年~2031年の予測期間中のCAGRが2%程度と低迷することが予想されます。これは、メーカーが自動車用ガソリンのハイオク混合時の副反応に悩まされていることによります。そのため、石油化学、精製、ガス処理技術のライセンサーであるLummus Technologies社は、ガソリンのアルキル化技術であるCDAlky®を発表しました。

各社は、ハイオクガソリン混合時の酸消費率を低減する先進的な硫酸アルキル化プロセスの研究開発を進めています。

イソブチレン100%の原料から高品質のアルキル化を行うための研究を行う新施設

新規生産設備への投資がアルキレート市場の成長に寄与しており、2031年末には評価額が994億米ドルに達すると予測されています。原油、石油、石油化学製品の供給と取引を行うHengli Petrochemical社は、Dupont Clean Technologies社からライセンスを受けた300KmtaのStratcoアルキル化装置を中国で新たに稼働させることを発表しました。このような開発により、各社は100%イソブチレンのフィードから高品質のアルキレートを生産できるようになっています。

アルキレートは、100%イソブチレンのフィードストリームからのクリーンで高オクタンのガソリンの主要成分として人気を集めています。アルキレート市場のメーカーは、この原料を使って製品のオクタン価を最大化し、エンドポイントを最小化する技術について、強力な研究基盤を獲得しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]