ニキビ跡治療市場、2031年末に108億米ドル規模超過見込み

COVID-19によるストレスがニキビ問題を悪化させる

COVID-19のパンデミックによる未曾有の事態により、ストレスの多い環境に置かれているため、女性も男性もニキビができやすくなっています。ニキビ跡治療市場で活動している企業は、このような状況を利用して、局所治療と院内処置の利用可能性を高めています。

マスクの着用によるストレスで、ニキビができやすくなっています。そのため、Laser & Skin Surgery Center of New Yorkなどのニキビ跡治療市場で活動する企業は、ニキビの原因となるバクテリアを標的としたレーザー治療や光線力学的療法を選択するよう個人に勧めています。また、経済を活性化させるために、臨床医や皮膚科医は、最適な結果を得るために個人に合わせた治療を行っています。

レーザーカーボンピーリングに対する保険の非適用が治療法の選択に影響を与える

レーザーカーボンピーリングは、皮膚の深部の角質を除去し、コラーゲンの生成を促進します。この治療法は、ニキビやニキビ跡、色素沈着を治療するための痛みのない処置として人気を集めており、ニキビ跡治療市場のステークホルダーは、この治療法によって成長の機会を得ています。しかし、レーザーカーボンピーリングは美容整形の一環であるため、保険が適用されない可能性があります。望ましい結果を得るためには、経験豊富な医師やライセンスを持ったエステティシャンによる治療を受け、費用対効果を高めることが推奨されています。

また、敏感肌の方は、皮膚科医が加熱工程を省くことを提案することもあるため、レーザーカーボンピーリングが好まれる傾向にあります。

外用薬、経口薬が安定した収益源に

ニキビ跡治療市場では、皮膚剥離、ダーマフィラー注入、外用薬、内服薬が企業の収益源の拡大に貢献しています。そのため、2031年末には108億米ドルを超える市場になると予想されています。アブソリカなどの経口薬、エピデュオフォルテやアトラリンなどの外用薬が人気を博しています。

外用薬のレチノイドは、ニキビ跡や濃いシミの治療に使用されることが多くなっています。ニキビ跡治療市場の製薬会社は、瘢痕や変色を解消するための外用薬の生産能力を高めています。軽度のニキビ跡を治療するために、過酸化ベンゾイルやサリチル酸を配合した市販のクリームやウォッシュ、ジェルなどが処方されています。

マイクロニードルのリスクフリーなアプローチと費用対効果が注目されている

マイクロニードルは、ニキビ跡治療市場における画期的なイノベーションとして注目されています。JJ Ellie Derma rollerは、家庭でのスキンケアに特化したマイクロニードルで、費用対効果の高い方法で傷跡を減らすことができると宣伝されています。マイクロニードルのコラーゲン誘導効果は、ニキビ跡の軽減に有効な結果を示しています。比較的リスクが少なく、回復時間も短いこの治療法に惹かれる人が増えているようです。

ニキビ跡治療市場の企業は、ニキビ後の傷跡を管理するためのマイクロニードルのコスト効率の良さを認識しています。ソーシャルメディアに掲載されたこの治療法のエビデンスが、スキンケア企業に新たな機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]