コラボレーティブホワイトボードソフトウェア、注釈と編集の容易さ、任意デバイスへのコンテンツ共有機能が市場の成長を促進見込み

コラボレーティブホワイトボードソフトウェアの市場規模は、2019年に1兆8063億米ドルと評価され、2025年までCAGR9.53%で成長すると予測されています。プロジェクト管理チームと設計チーム間でこのソフトウェアの人気が高まっていることにより市場の成長は牽引されています。さらに、注釈と編集の容易さ、任意のデバイスへのコンテンツ共有などの特別な機能が、今後数年間の市場の成長を推進すると予想されます。また、主要なプレイヤーによる、既存のソフトウェアの技術改良と、高度な機能を備えた新しいソフトウェアの発売は、市場の成長に拍車をかけると予想されます。

コラボレーティブホワイトボードソフトウェア市場は、タイプ、展開モード、オペレーティングシステム、組織の規模、アプリケーション、会社、地域に基づいて分類されます。組織の規模に基づいて、市場は大企業と中小企業に分けることができます。大企業では、ビジネス会議やチームコラボレーションなどのための共同ホワイトボードソフトウェアが広く使用されているため、2019年は大企業分野が63.60%のシェアで市場を支配しました。

コラボレーティブホワイトボードソフトウェア市場は、地域別に、アジア太平洋、北米、南米、欧州、中東、アフリカに区分されています。なかでも、北米地域が市場を支配すると考えられます。これは、技術の早期導入と進歩に起因する可能性があります。

コラボレーションホワイトボードソフトウェアの主要企業には、Cisco Systems、InVisionApp、Miro、MURAL、ezTalks、Explain Everything、BeeCanvas、Stormboard、Bluescape、AWW App、Limnu、Google Jamboard、Conceptboard、SimpleDiagrams、Groupboard、SMART Technologies、Deekit、Twiddla、ZiteBoardなどがあります。

企業は、市場での競争力を維持するために、高度な技術を開発し、新しいサービスを開始しています。その他の競合戦略には、M&Aなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]