フィンテック市場:銀行や企業はソリューションに高額投資、低コストでパーソナライズされた製品に顧客の期待が高まる

フィンテックの市場規模は2019年に5兆5041億3000万米ドルと評価され、2025年までCAGR23.58%で成長すると予測されています。これには、銀行や企業によるテクノロジーベースのソリューションへの高額な投資が含まれています。さらに、インフラベースのテクノロジーとAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)は、金融サービス業界の将来を再形成しており、世界のフィンテック市場の成長を後押ししています。そして、金融テクノロジー企業は、テクノロジー分野での新たな発展を目指して、低コストでパーソナライズされた製品を提供しており、顧客の期待を集めることで市場の成長を後押ししています。

フィンテック市場は、技術、サービス、アプリケーション、地域別に分類されています。テクノロジー別には、API、AI(人工知能)、ブロックチェーン、分散コンピューティング部門に細分することができます。中でもAIは2019年にシェア38.25%で市場を牽引しており、2025年までこの傾向は続くとみられています。AIインターフェイスとチャットボットにより顧客サービスは再定義され、その拡大するビジネスにより、AIを活用したフィンテック市場は2025年まで記録的な速度で成長すると推測できます。

地域別には、市場は北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東・アフリカに分類されます。中でもアジア太平洋地域は2019年に49.45%のシェアで市場を支配しており、同地域でのフィンテック分野に関わる技術の採用と開発に牽引されていると考えられます。また、今後もその優位性を維持することが期待されています。

同市場の主要プレイヤーには、PayPal Holdings、Ant Group、Robinhood Markets、Afterpay Limited、Google Pay (Alphabet)、Paytm (One97 Communications.)、Adyen、Qudian、Nexi SpA、Klarna Bank AB、Social Financeなどがあります。

大手企業は、市場での競争力を維持するために先端技術の開発を行っています。その他の競合戦略には、M&Aが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]