徐放性コーティング、2019年に5億6251万米ドルの市場規模に到達 マイクロカプセル製品用途が市場の成長を牽引

徐放性コーティングの市場規模は2019年に5億6251万米ドルと評価され、2025年までCAGR7.80%で成長すると予測されています。徐放性コーティングの需要増加は、マイクロカプセル製品への用途が主な要因となっています。加えて、主要な市場プレーヤーによる研究開発活動への投資が増加していることも、市場の成長の主な要因となっています。

徐放性コーティング市場は、ポリマー材料の種類、用途、基材の種類、地域に基づいて分類されています。基材の種類別には、錠剤、カプセル、ペレット、多粒子粉体に分類されます。このうち、錠剤タイプは2019年に59.85%のシェアを占め、2025年まで市場を支配すると予測されています。錠剤タイプの成長は、ミニ錠剤の開発と、製造の容易さ、ドーズダンピングリスクの低減、コーティング材料の最小必要要件など、ミニ錠剤が提供する利点によるものです。さらに、その製造に溶剤を使用する必要がない点でも、ミニ錠剤部門の成長を後押ししています。

徐放性コーティング市場で事業を展開している主なプレーヤーは、BASF SE、Evonik Industries、Colorcon、Ideal Cures、信越化学工業、Kerry Group、BIOGRUND GmbH、Seppic SA、Torrent Pharmaceuticals、Tianjin ILE Pharmaceutical Materialsなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]