次世代シーケンシングの市場規模、2019年に82億675万米ドル到達 NGSプラットフォームの価格低下が市場の成長を後押し

次世代シーケンシングの市場規模は2019年に82億675万米ドルと評価され、2025年までCAGR19.59%で成長すると予測されています。診断のための次世代シーケンシングに基づく検査の規制枠組みの強化は、市場の成長のための重要な要因です。さらに、次世代シーケンシングの進歩とプラットフォームの価格低下により、今後数年間の世界的な次世代シーケンシング市場の成長を後押しすると予想されています。一方で、市場の成長を阻害する要因として、次世代シーケンシングベースの診断法の標準化に関する懸念が挙げられます。

次世代シーケンシング市場は、製品、技術、エンドユーザー、アプリケーション、地域、企業に基づいて分類されています。技術別には、合成シーケンシング、イオン半導体シーケンシング、ライゲーションシーケンシング、1分子リアルタイムシーケンシング、その他の技術に分けられます。中でも、合成シーケンシング(SBS)部門は、2019年まで73.04%の市場シェアを持ち、SBS技術を利用したイルミナのシステムに対する需要の高まりに加え、新規かつ高度な次世代シーケンシングプラットフォームの開発により、2025年まで健全なCAGRで成長すると予測されています。

次世代シーケンシング市場で事業を展開している主なプレイヤーは、Illumina、Thermo Fisher Scientificなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]