末梢血単核細胞の市場規模、2019年に1億7229万米ドル到達 免疫学、ワクチン開発などの研究にも利用

末梢血単核細胞(PBMC)の市場規模は、2019年に1億7229万米ドルと評価され、2020年から2025年の間にCAGR8.46%で成長すると予測されています。PBMCは、臨床研究だけでなく、生物学や病理学に関連した研究を実施するためにも極めて重要です。また、PBMCは、致死性疾患、免疫学、ワクチン開発などに関連する研究にも利用されています。ただし、PBMC関連研究のコストが高いことが、発展途上国での技術導入の課題になる可能性があります。

末梢血単核細胞市場は、製品、用途、技術、供給源、および地域に基づいて分割されています。製品セグメントはさらに、凍結保存または凍結PBMC、培養または新鮮なPBMC、末梢血単核細胞分離および生存キットに分けられます。2019年の時点で、低温保存、または凍結されたPBMCは、注意深く保管すれば長期間使用できるため、圧倒的な市場シェアを保持していました。

地域分析に基づくと、2019年は、北米地域が最大の市場シェアを占めており、これは、同地域に多くの既存の末梢血単核球ベースの企業が存在していることを背景にしています。また、この地域の経済は十分に豊かであるため、複雑でコストのかかる研究開発手続きを実施しやすくなっています。

末梢血単核細胞市場で事業を展開している主なプレイヤーには、Thermo Fisher Scientific、STEMCELL Technologie、Precision Medicine、StemExpress, LLC、HemaCare、BioVision、BioLegend、BioIVT LLC、Biopredic International、Zen-Bio Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]