バイオ医療用冷蔵・冷凍庫市場、製品別ではプラスマフェレーシスの高い使用頻度から、プラズマ冷凍庫が最大の市場シェアを占める可能性も

バイオ医療用冷蔵・冷凍庫の市場規模は2019年に28億8000万米ドルと評価され、その後2025年までCAGR4.72%で成長すると予測されています。バイオ医療用冷蔵・冷凍庫は、血液や尿などの生物学的サンプルの診断や検査のために低温で保存する機能を持っています。世界中で血液バンクの数が増加しているため、患者に高品質のサンプルを提供するために、バイオ医療用冷蔵・冷凍庫が必要とされています。さらに、バイオ医療用冷蔵・冷凍庫は、大気中の温室効果ガスの排出量が少ないため、環境に優しく、2025年までの市場成長にプラスの影響を与えると予測されています。しかし、設置コストの高さがこの市場の主な抑制要因となっています。

バイオ医療用冷蔵・冷凍庫市場は、製品、保管場所、温度、容量、エンドユーザー、企業、地域に基づいて分類されています。製品別には、パススルー型、防爆型、可燃性貯蔵型、コンボ・二重温度型、超低温冷凍庫、プラズマ冷凍庫などに分類されています。プラスマフェレーシスは2019年の時点ですべての技術の中で最も頻繁に使用されている技術であるため、今後プラズマ冷凍庫が最大の市場シェアを保持する可能性があります。

バイオ医療用冷蔵・冷凍庫市場は、アジア太平洋、欧州、北米、南米、中東・アフリカなどの地域に広く拡大しています。2019年時点では、バイオバンクやゲノム工学の進歩による症例の増加により、北米が最大の市場シェアを占めています。

バイオ医療用冷蔵・冷凍庫市場の主なプレーヤーは、Thermo Fisher Scientific、Terumo BCT、Eppendorf AG、PHC、Haier、Arctiko A/S、Arctiko社、Bionics Scientific Technologies、Froilabo Techcomp、Helmer Scientific、Migali、Sofrigam SA、Philipp Kirsch GmbH、Cornerstone Capital Holding、Marvel Refrigeration、Liebherr International AG、Follett LCC、B Medical Systems S.à r.l.、Biobaseなどがあります。


本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]