新生児・出生前医療、2019年の市場規模は67億米ドル 医療分野における急速な技術革新が市場の成長を後押し

新生児・出生前医療の市場規模は2019年に67億米ドルと評価され、2025年まで着実に成長すると予測されています。同市場の成長を担う主な要因は、医療分野における急速な技術革新です。さらに、統治機関や医療提供者による投資の増加は、今後の市場成長のための良い前兆と考えられます。また、発展途上国における出生率の高さは、2025年までの市場成長を後押しすると考えられています。

新生児・出生前医療市場は、機器、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。エンドユーザー別には、市場は、病院、小児・新生児クリニック、介護施設に分けられます。そのうち、病院セグメントは2019年まで市場を支配しており、その後も市場での支配力を維持すると予想されています。これは、より良い医療を提供するための医療機器の導入に起因すると考えられます。また、充実した専門家の存在も、このセグメントの成長をさらに後押ししている要因となっています。

同市場で事業を展開しているプレーヤーには、Medtronic、GE Healthcare、Cardinal Health、Smith’s Medical、Getinge AB、 Atom Medical、 Philips Healthcare、 Masimo、Natus Medical、Phoenix Medical Systems、Vyaire Medical 、Becton Dickinson and Company、Fisher & Paykel Healthcare、Hillrom Holdings、Utah Medical Productsなどがあります。企業は、市場でのシェア拡大に向けてさらに力を入れ、競争の激しい業界で生き残るために、新製品の開発やサービスの立ち上げなど有効な戦略をとっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]