管状膜の市場規模、2025年には22億4000万米ドルを突破見込み 各産業からの廃水排出のための実装に需要

管状膜市場は、2020年の15億7000万米ドルから2025年には22億4000万米ドルを突破すると予測されています。管状膜市場は、世界中の様々な産業から廃水排出のための実装が増加していることにより成長を続けています。さらに、固形廃棄物の除去をはじめとする食品や飲料などの多くのエンドユーザー産業からの需要の高まりは、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。また、継続的な製品開発は、今後数年間の市場の成長をさらに後押しすると期待されています。

管状膜市場は、製品タイプ、用途、エンドユーザー、企業、地域に基づいて分類されています。用途別には、膜バイオリアクター、逆浸透膜、ナノろ過、マイクロろ過、限外ろ過に分類されます。膜バイオリアクター部門は、最大シェアで市場を支配し、ゼロ液体排出(ZLD)システムによる運用コストの削減に起因する可能性があります。さらに、ZLDシステムは蒸発・結晶化プロセスへの応用により、逆浸透膜部門を市場シェア第2位に押し上げ、エネルギー・発電分野の膜技術の需要を牽引しています。

製品タイプ別に見ると、市場は有機タイプと無機タイプに分類され、有機タイプが大きなシェアを占めると予測されます。管状膜は圧力の流れに耐えるために様々なグレードのポリマーや金属を使用して製造されています。エンドユーザー別には、化学薬品・石油化学製品、食品・飲料、エネルギー・電力、電気泳動コーティング、皮革、医薬品、繊維、その他に分類されます。中でも、化学薬品・石油化学薬品が市場を支配すると予想されています。

管状膜市場で事業を展開している主要プレーヤーには、Pentair Plc、Koch Membrane System、Berghof Membrane Technology GmbH、PCI Membranes、Dynatec Systems、Spintek Filtration、Duraflow LLC、Hyflux Limited、Microdyn-Nadir GmbH、Lenntech Water Treatment Solutionsなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]