レゾルシノールの市場規模、2025年までに10億米ドル到達予測 用途別で最大シェアを占めるゴム製品の優位性は今後も続く見通し

レゾルシノールの市場規模は今後数年間、着実なCAGRで成長し、2025年までに10億米ドルを超えると予測されています。製品需要の増加は、ゴム・タイヤ業界、製薬業界などの様々なエンドユーザー産業の成長によるものです。さらに、化学物質によって提供される固有の利点と相まって、UV安定剤などの用途での使用率の上昇は、今後数年間で同市場の成長をさらに押し上げると予想されています。レゾルシノールは、火災を防ぐための難燃剤や、殺真菌性クリームおよびローションなどの製造にも使用され、これらの点でも2025年までの市場成長を後押しします。

レゾルシノール市場は、エンドユーザー産業、製造プロセス、用途、地域、企業に基づいて分類されます。市場は、用途に基づいて、ゴム製品、木材接着剤、紫外線安定剤、難燃剤、酸化防止剤、殺菌クリームなどに分類することができます。中でもゴム製品は2019年まで最大の市場シェアを占めており、その優位性はしばらく続くと予想されています。また、高い化学的安定性による木材接着剤用途での使用は、今後も高い成長が期待されています。また、溶剤、酸、塩水、油への耐性、強力な接着性、硬化後の広範な温度への耐性などの特性は、同分野の成長を後押ししています。

レゾルシノール市場で事業を展開している主なプレーヤーは、住友化学、Aldon、Napp Technologies、Zhejiang Hongsheng Chemical、東京化学工業、Lanxess AG、Atulなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]