病院管理ソフトウェアの市場規模、2019年に250億米ドル達成 癌、糖尿病、腎臓病などの慢性疾患の増加が市場の成長を後押し

病院管理ソフトウェアの市場規模は2019年に250億米ドルと評価され、2020年から2025年の間にCAGR9%を超える勢いで成長すると予想されています。病院管理ソフトウェア市場は、病気の有病率の増加、特に癌、糖尿病、腎臓病などの慢性疾患の増加によって成長しています。この患者数の増加により、関連データも膨らみつづけています。この大量のデータを処理し、効果的に管理する必要性が市場の成長を推進しています。さらに、業界の主要ベンダーによる投資の増加は、今後数年間の市場の成長にプラスの影響を与えると予想されています。

病院管理ソフトウェア市場は、製品、導入モード、ソフトウェアの種類、アプリケーション、企業、地域に基づいて分類されています。導入モードに基づいて、市場はオンプレミスとクラウドに二分されます。2025年までは、クラウドセグメントが市場を支配すると見込まれます。クラウドセグメントの優位性は、クラウド展開モードによるデータへのリモートアクセスおよび運用コストの削減に起因していると考えられます。

病院管理ソフトウェア市場は、地域別に、アジア太平洋、北米、南米、欧州、中東・アフリカに分類されています。これらの地域のうち、北米は2019年まで市場を支配しており、2025年まで、その優位性を維持すると予想されております。これは同地域における技術の早期導入と医療インフラの整備が進んでいることに起因していると考えられます。

病院管理ソフトウェア市場で事業を展開している主要プレイヤーは、Cerner Corporation、GE Healthcare、Allscripts Healthcare Solutions、IBM、Siemens Healthineers AG、Centrak、Ekahua、AeroScout、Zebra Technologies、Infor、Trimble Navigation、Philips Healthcare、Johnson Controls International、Motorola Solutions、Sonitor Technologies A.S.、Sisoft、Wellsky、Midmark、Medical Information Technology、McKessonなどが挙げられます。これらの企業は、市場での競争力を維持するために、先端技術の開発や新サービスの立ち上げを行っています。その他の競合戦略には、M&Aや新サービスの開発が含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]