プラスチックリサイクル市場:ポリエチレンが最大シェア、リサイクルプロセスの容易さとコスト効率の高さが要因

プラスチックリサイクルの市場規模は、2020年の推定850億米ドルから2025年には1100億米ドルに成長すると予測されています。海やその他の水域に廃棄された際に引き起こされる汚染レベルが高いことから、バージンプラスチックよりもリサイクルプラスチックへの関心が高まっていることが市場の成長の原動力となっています。これに加えて、リサイクルプラスチック生産時の省エネ効果が市場成長にプラスの影響を与えています。プラスチック廃棄物の効果的なリサイクル方法を見つけるための研究活動が、市場の成長を後押しすると予想されています。

プラスチックリサイクル市場は、種類、供給源、方法、エンドユーザー、企業、地域に基づいて分類されています。種類別では、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンなどに分類されます。ポリエチレンは、リサイクルプロセスが容易でコスト効率が高いため、プラスチックの中では最も大きなシェアを占めています。

最終用途産業別では、プラスチックリサイクル産業は、包装、建築・建設、繊維、自動車、電気・電子などに分類されます。中でも包装業界は、食品や飲料の包装に再生プラスチックが広く使用されていることから最大のシェアを占めています。

プラスチックリサイクル市場で事業を展開している主要企業には、Veolia Environment SA、Suez SA、Republic Services、Waste Connection、B&J Par、KW Plastics、BASF SE、Borealis AG、B.Schoenberg & Co、Clear Path Recycling LLC、Dupoint Teijin Films、Custom Polymersなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]