自動車用燃料タンクの市場規模、2019年は約1億5300万台到達、2021年から2025年のCAGRは13%超で成長予想

自動車用燃料タンクの市場規模は、2019年は約1億5300万台で、2021年から2025年のCAGRは13%以上に達すると予想されています。自動車生産の増加と、政府による車両重量削減に関する規制は、市場の促進要因の一つです。欧州や北米の自動車メーカーは、政府の規制により、燃料効率を向上させ、燃料消費量を削減するために革新的な車両を開発することを義務付けられています。これらの要因は、2025年までの市場を牽引すると予想されています。

市場は、車種別と容量別に分類されています。車種別では、乗用車、商用車、二輪車にさらに分類されています。中でも、乗用車部門は2019年に最大の市場シェアを占めており、乗用車の需要は、一人当たりの所得の増加と移動手段としての必要性から、世界中で拡大しており、この傾向は今後5年間続くと予想されています。

燃料タンク容量別では、15L以下、15 Lから45L、45 Lから70L、70L以上に細分化されています。2019年現在、15Lから45L部門が市場を支配し、15L以下の部門がこれに続きます。この傾向は2025年まで続くと予想されています。地域別では、アジア太平洋、北米、欧州、南米、アフリカに分類することができます。アジア太平洋地域は、各国の自動車生産台数が増加していることに加え、政府の積極的な取り組みや支援により、最も高い成長率になると予測されています。アジア太平洋地域では、中国が世界市場を席巻しており、今後数年でさらに急速に成長すると予測されています。

市場で活動している主要なプレーヤーには、Magna International Inc.、Kautex Textron Gmbh&Co.KG、Plastic Omnium Auto Inergy Ltd.、八千代産業株式会社、TI Automotive Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]