小型電気自動車の市場規模、2019年の220万台から2025年には320万台に到達予測 バッテリー別ではリチウムイオンが最大シェアを占める

小型電気自動車の市場規模は、2019年の220万台から、2025年には320万台に達すると予測されています。厳格な排出基準と各国政府によるクリーンエネルギー車への重点化により、同市場は急速なペースで拡大しています。WHOによると、大気環境の良くない国では、大気汚染が主な死亡原因となっています。そのため、各国政府は小型電気自動車の購入に補助金を出しています。さらに、小型電気自動車はディーゼル車に比べて寿命が長いため、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されています。

市場は、バッテリー、車両、技術、地域ごとに分類することができます。バッテリー別では、リチウムイオンとニッケル水素に分類されます。リチウムイオンは最大シェアを占めており、大きな成長が見込まれています。車両別では、乗用車と小型商用車の部門に分けられています。このうち、乗用車部門が市場を支配しており、この傾向は少なくとも今後5年間は続くと予想されています。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州に区分されます。アジア太平洋地域は、政府の積極的な取り組みや支援により、最大市場の地域であり、今後もこの傾向は続くと予想されています。さらに、大気汚染の増加とバッテリーのコスト削減が、同地域の成長にプラスの影響を与えています。なかでも特に中国が市場を支配しており、今後数年で目覚ましい成長を遂げると予想されています。

市場で活動している主なプレーヤーには、GM Group、Tesla社、Daimler AG、BMW AG、Hyundai Motorなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]