電力系統シミュレータの市場規模、2025年に13億8000万米ドルに到達予測 送電、発電・分配を想定したソフトウェアツールがダウンタイムを削減

電力システムシミュレータの市場規模は、2019年に9億6000万米ドルから2025年には13億8000万米ドルに達すると予測されています。電力システムシミュレータは、再生可能資源やIoTのみならず、クラウドベースのプラットフォームを利用した発電の需要により、24時間のメンテナンスを実現するための送電、発電・分配を想定したソフトウェアツールであり、プロジェクトの全体的なダウンタイムを削減するのに役立ちます。

さらに、系統障害の分析、電力流量計算、経済的な配電計算などに利用されるリアルタイムシミュレータとしての役割も果たしています。また、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの必要性が高まっていることから、電力業界に弾みがつき、今後数年で電力システムシミュレータの需要が増加すると考えられています。

市場は、モジュール、オファリング、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。モジュール別には、ロードフロー、デバイス協調選択性、短絡、高調波、その他に分類され、ロードフロー部門が最大のシェアを占め、高調波部門がこれに続きます。

オファリング別には、ソフトウェア、ハードウェア、サービスに分類されます。このなかでは、ソフトウェア部門が最大のシェアを占めており、IoTへの投資に加え、既存のソフトウェアを効率化させ、市場を支配すると予想されています。

エンドユーザー別には、電力、産業界、その他に分類されており、再生可能エネルギーへの投資の増加、発電能力の拡大、各国の経済発展により、電力部門が市場を支配しています。

地域別では、米国やカナダで再生可能エネルギーへの投資が拡大している事に加え、IoT産業が成長していることから、北米地域が市場をリードすると予想されています。電力システムシミュレータ市場を運営している主なプレイヤーは、ABB、 Eaton、 Siemens AG、 General Electric、 Schneider Electric、 Open System International、富士電機、 The Math Works、 Powerworld、 RTDS Technologies、などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]