動物ワクチンの市場規模、2019年の63億米ドルから2025年には81億米ドルに到達予測 食肉消費量の増加や家畜、コンパニオンアニマルの増加が牽引要因

動物ワクチンの市場規模は、2019年の63億米ドルから2025年には81億米ドルに達すると予測されています。食肉消費量の増加が市場を牽引する主な要因となっています。市場を牽引するもう一つの要因は、コンパニオンアニマルや、牛・馬・羊・豚などの家畜の増加です。この増加に伴い、動物の疾病数も増えており、動物ワクチン市場の成長につながっています。さらに、ペット文化の普及により、予防接種が飼い主の責任となっています。また、ワクチン接種に対する政府の取り組みも牽引要因となっています。さらに、動物由来の食品の需要も、市場の成長に影響を与えるもう一つの重要な側面です。

世界の動物ワクチン市場は、動物の種類、技術、疾患、投与経路、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。動物の種類別には、家禽、豚、牛・馬・羊などの家畜、コンパニオンアニマル、その他に細分化されています。このうち、牛・馬・羊などの家畜は畜産の中でも最も成長が早いため、2019年度は同部門が市場を支配しました。疾患別では、口蹄疫、ニューカッスル病、鶏伝染性気管支炎ウイルス、伝染性ファブリキウス嚢病、鶏痘、狂犬病などに細分化されています。これらの中でも口蹄疫は2019年の動物ワクチン市場を支配しました。

動物ワクチン市場の主要企業には、Zoetis、Inc.、Boehringer Ingelheim International GmbH、Elanco Animal Health Incorporated、Merck&Co。、Inc.、Ceva Sante Animale SA、Bayer AG、Virbac SA、Neogen Corporation、ImmuCell Corporation、Covetrusなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]