航空宇宙プラスチックの市場規模、2019年に120億米ドルに到達 主要な航空機メーカーの存在により、北米地域が市場をリード

航空宇宙プラスチックの市場規模は2019年に120億米ドルに達するものの、2020年から2025年の成長は伸び悩むと予想されています。COVID-19の危機によるサプライチェーンの混乱や労働力の急減から、製造業は生産を停止しました。消費者需要の減少から、航空宇宙プラスチック産業は最も影響を受けた産業の一つと考えられます。また、製造技術や訓練を受けた人材の欠如も、市場の成長を妨げることが予想されます。

航空宇宙プラスチック市場は、ポリマータイプ、航空機タイプ、用途、地域ごとに分類されています。ポリマータイプ別には、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、PMMA(ポリメチルメタクリレート)、PC(ポリカーボネート)、PPS(ポリフェニレンサルファイド)、ABS樹脂に分類されます。このうち、PEEKが市場を支配しており、その優位性は維持されると思われます。PMMAはポリカーボネートに代わる経済的な代替材料であり、比較的高い成長が見込まれます。航空宇宙産業では、航空機のキャノピーやフロントガラスなどの製造に幅広く使用されています。また、軍用機では、ガラスの代替として窓の製造に使用されています。航空機タイプによって、市場は民間機と軍用機に二分されています。2020年から2025年の期間は民間機の市場シェアが大半を占めると予想されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋地域(APAC)、その他の地域に分類されます。北米地域が航空宇宙用プラスチックの市場をリードしており、欧州、アジア太平洋地域がこれに続きます。ボーイングやボンバルディアのような主要な航空機メーカーが北米地域に拠点を置いているため、同地域の需要は高くなっています。航空宇宙プラスチック市場で事業を展開している大手企業には、SABIC、Victrex plc、Drake Plastics Ltd、Solvay、BASF SE、Evonik Industries AG、Vantage Plane Plastics、Quadrant Engineering Plastics などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]