オートバイ用ADAS市場、2020年から2025年の間にCAGR12%超予測 安全への関心の高まりや高級二輪車の販売台数増加が市場の成長を牽引

オートバイ用ADAS市場は、2020年から2025年の間にCAGR12%を超える成長が見込まれています。これは、消費者の安全に対する関心の高まり、高級二輪車の販売台数の増加や技術進歩などによるものです。

システムタイプ別に、市場は、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、スタビリティコントロールシステム、アダプティブトラクションコントロール、ギアシフトアシスト、その他に分類されます。ACCはパフォーマンスに基づいて効率を向上させ、従来のクルーズコントロールシステムよりも優れた機能を提供します。市場は、今後5年間、スタビリティコントロールシステムとアダプティブトラクションコントロールに支配され、2019年には両者が累積で市場シェアの55%以上を占めると予想されています。

地域別では、アジア太平洋地域が市場を独占する見込みです。一方、今後5年間は欧州と南米が著しい成長を遂げると予想されています。

需要カテゴリー別では、OEMセグメントが圧倒的なシェアを占めており、この傾向は継続すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]