末梢血単核細胞(PBMC)の市場規模、2020年から2025年にCAGR 9%で成長予測 関連研究のコストの高さが、発展途上国への導入の課題

末梢血単核細胞(PBMC)の市場規模は、2020年から2025年の間にCAGR 9%で成長すると予測されています。PBMCは、臨床研究だけでなく、生物学や病理学に関連した研究を実施するためにも重要な役割を果たします。また、PBMCは、致死性疾患、免疫学、ワクチン開発に関する研究にも利用されています。一方で、PBMC関連の研究コストの高さが、発展途上国への技術導入の課題となる可能性があります。

市場は、製品、用途、技術、供給源、地域に基づいて分類されています。製品別では、低温保存PBMCまたは凍結PBMC、培養またはフレッシュPBMC、末梢血単核細胞分離および生存率キットに分けられます。低温保存されたPBMCまたは凍結されたPBMCは、低温で慎重に保管することで長期間使用できるため、2019年の時点では、最も高い市場シェアを保持しています。

地域別では、多くの末梢血単核細胞ベースの企業が存在している北米が最大のシェアを占めています。また、同地域の経済的な豊かさは、複雑でコストのかかる研究開発手続きを実施しやすくしています。

事業を展開している主なプレイヤーには、Astarte Biologics、ATZLabs、BioIVT、BioLegend、BioVision、Bio-Rad、Cell Applications、Celgene、Creative Bioarray、Dapcel、HemaCare、iXCells Biotechnologies、Miltenyi Biotec、Merck、Novo Nordisk、Precision Medicine、Qiagen NV、STEMCELL Technologies、Thermo Fisher Scientific、ZenBioなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]