手術用手袋の市場規模、2025 年に37 億米ドルに到達予測 化学物質から労働者を守るため、化学、食品・飲料など多様なエンドユーザーからの需要増加

手術用手袋の市場規模は、2020 年の26 億米ドルから 2025 年には37 億米ドルに達すると予測されています。同市場は、伝染性疾患の発生率の上昇によって牽引されています。また、COVID-19パンデミックが、2025年までの市場を後押しすると予想されています。手術や検査の増加も市場を推進しており、事業を展開している大手企業による研究開発や投資が、今後有利な機会を生み出すと予想されています。Glove Corporation BHD は、195ヶ国に手術用製品を輸出する主要プレーヤーの 1 つです。

市場は、タイプ、起源、流通チャネル、フォーム、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。アプリケーション別には、病院と非病院に二分することができます。病院セグメントは、医師や病院スタッフによる手袋の使用増加が、市場を支配すると予想されます。さらに、外科手術の大幅な増加も成長要因となっています。一方、非病院セグメントは、労働者を有毒な化学物質から守るため、化学、食品・飲料産業など、多様なエンドユーザーで手袋の使用が増えていることから、市場の拡大が報告されています。

地域別には、アジア太平洋、北米、南米、欧州、中東・アフリカに分割されています。中でも、北米が、医療専門家の安全性や衛生に関する意識の高まりから市場を支配しており、欧州とアジア太平洋地域がこれに続きます。

主要プレーヤーには、Top Glove Corporation Bhd、Supermax Corporation Berhad、Semperit AG Holding、Cardinal Health、Ansell Healthcare、Shangdong Yuyuan Latex Gloves、Sara Healthcare Pvt. Ltd、Hartalega Holdings Berhad、Kanam Latex Industries Pvt. Ltd、Mölnlycke Health Care AB、MOTEX Group、Asma Rubber Products Pvt. Ltdなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]