音声分析市場、2020年から2025年にCAGR10%で成長見込み 高額な投資コストと複雑なアプリケーションシステムの統合に課題

音声分析市場は、2020年から2025年にCAGR10%を超える成長が見込まれています。市場の成長は、代理店や企業による分析ソリューションの採用が増加していることに牽引されています。しかし、高額な投資コストと複雑なアプリケーションシステムの統合が市場の成長にマイナスの影響を与えています。さらに、音声分析ツールを予測分析と統合させるには費用がかかり、市場の成長をさらに制限しています。

市場は、コンポーネント、展開、組織、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。コンポーネント別には、サービスとソリューションに分類されます。今後数年間はサービス部門が市場を支配すると予想されています。

エンドユーザー別には、BFSI、政府・防衛、小売・eコマース、旅行・ホスピタリティ、ヘルスケア・ライフサイエンス、エネルギー・公益事業、メディア・エンターテイメント、通信・IT、その他に細分化できます。2019年の市場は、通信・ITセグメントが最大シェアを占め、BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンスがこれに続きます。

地域別には、アジア太平洋、北米、南米、欧州、中東・アフリカに分類されます。北米地域は、ITインフラの改善が進んでいることから、市場を支配すると予想されています。

事業を展開している主なプレーヤーには、ASC Technologies、Avaya Inc、Calabrio Inc.、Call Miner、Clarabridge、GemaTech Ltd、Genesys、New Voice Media、Nice Systems、OnviSource Inc、Verintなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]