屋内ロケーションの市場規模、2020年から2025年にCAGR16%で成長予測 屋内環境でのGPSの非効率性が市場を後押し

屋内ロケーションの市場規模は、2020年から2025年にCAGR16%で成長すると予想されています。同市場は、カメラ、LED照明、POSデバイス、デジタルサイネージにおけるビーコンの統合が進んでいることに牽引されています。また、スマートフォン、コネクテッドデバイス、顧客間でのロケーションベースのアプリケーションの普及と、屋内環境でのGPSの非効率性が市場を後押ししています。一方で、データやセキュリティに関する懸念が市場にネガティブな影響を与えています。また、屋内ロケーション技術に関するスキルや意識の欠如は、市場の成長を制限する可能性があります。

市場は、コンポーネント、展開、組織、技術、アプリケーション、エンドユーザー、企業、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別では、ハードウェア、サービス、ソリューションに分類されます。この中では、ソリューション部門が今後5年間で市場を支配すると予想されています。

地域別では、アジア太平洋、北米、南米、欧州、中東・アフリカに分類されています。北米地域ではITインフラの改善が進んでいるため、市場を支配することが期待されています

市場で活躍している主要なプレーヤーは、Apple Inc.、Broadcom.、Cisco Systems, Inc.、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、GeoMoby、Google LLC、HERE(Micello, Inc.)、Microsoft、Qualcomm Technologies, Inc.、Senionなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]