ウイルス学・細菌学市場、2021年から2025年にCAGR 12%で成長予想 分子診断薬技術により早期の感染症発見が可能に

ウイルス学・細菌学市場は、2021年から2025年の間にCAGR 12%で成長すると予想されています。市場は、ウイルスや細菌感染症の影響を受ける人口が増加していることに牽引されています。さらに、各国の政府は医療インフラへの投資を増やしており、市場成長にプラスの影響を与えています。また、研究開発活動における継続的な技術革新が、今後数年の市場成長を後押しすると期待されています。

市場は、技術、疾患、エンドユーザー、企業、地域に基づいて分類されています。技術別には、分子診断、免疫アッセイ、画像診断、情報技術に分類されます。これらのうち、分子診断セグメントが市場を席巻しており、その主導的地位を維持すると予想されています。この技術は、より少ない量の感染因子を検出することが可能であり、従来よりも早期に感染症を発見することができます。

市場で活躍している主なプレイヤーは、Fujirebio Diagnostics Inc.、Cepheid、Diasorin、Bio-Rad Laboratories Inc.、Thermo Fisher Scientific Inc.、Scienion AG、Grifols、Qiagen、Eiken Chemical Co Ltd、Sequenom、bioMerieux SA、 Siemens AG、Hologic Inc.、Diamedix Inc.、Leica Biosystems Nussloch GmbH、F.Hoffmann-La Roche Ltd、Abbott、GSK Biologicals、Roche、Affymetrixなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]