ヒト化マウスモデルの市場規模は、2020年から2025年にCAGR10%で成長予測 革新的なノックアウトモデル開発への投資が続く

ヒト化マウスモデルの市場規模は、2020年から2025年にCAGR10%で成長すると予測されています。世界中の製薬会社の継続的な研究開発活動によって市場は牽引されています。これに加えて、研究所や研究機関における投資が増加していることも市場の成長にプラスの影響を与えています。

市場は、サービス、タイプ、免疫チェックポイント、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。タイプ別には、細胞株移植モデル、患者由来の遺伝子組み換えマウス、遺伝子組み換えマウスモデルなどに細分化されています。これらの部門のうち、細胞移植モデルセグメントが市場を支配し、今後も市場のリードを維持すると予想されています。これは主に、新規かつ革新的なノックアウトモデル開発への継続的な投資によるものです。

用途別では、免疫腫瘍、中枢神経系、心血管、糖尿病などに分類されています。2019年の市場シェアは免疫腫瘍学分野が最大のシェアを占めました。がん症例数の増加や免疫腫瘍学研究への投資が増加していることから、同分野が今後も市場を支配すると予想されています。

市場で活動している主要プレイヤーは、Charles River Laboratories, International, Inc.、The Jackson Laboratory、Gempharmatech Co Ltd、Taconic Biosciences, Inc.、Envigo(Harlan Laboratories, Inc.)、Laboratory Corporation of America Holdings、Janvier Labs、Trans Genic, Inc.、Genoway、Creative Biolabd、Horizon Discovery Group、Ingenious Targeting Laboratory、Biocytogen、Taconic Biosciences、などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]