バーチャルパワープラントの市場規模、2025年までに56億米ドルに到達予測 エネルギー効率を向上させるデマンドレスポンス技術にメリット

バーチャルパワープラント市場は、今後数年間にCAGR30%で成長し、2025年までに56億米ドルを突破すると予測されています。市場の成長は、再生可能エネルギーとバッテリーストレージシステムにおける機会の拡大、再生可能エネルギー源による発電に対する需要、スマートグリッド技術の浸透、集中型発電から分散型発電へのシフト、停電を緩和するための政府の取り組み、石油精製、化学、金属、鉱業などの主要産業における電力需要の増加などに起因することができます。

市場は、コンポーネント、技術、供給源、エンドユーザー、地域に基づいて分類することができます。コンポーネント別には、ソフトウェアとサービスに二分されます。2020年はソフトウェア部門が市場を支配していますが、今後数年でサービス部門の高い成長が見込まれています。技術別には、デマンドレスポンス、分散型発電、ミックスアセットに細分化されます。デマンドレスポンス部門は現在最大シェアを占めており、市場での優位性を維持すると予想されています。デマンドレスポンスは、エンドユーザーにとって永続的なメリットがあり、グリッドのエネルギー効率を向上させることができるため、投資に非常に有利です。

供給源別には、再生可能エネルギー、CHP、エネルギー貯蔵、地方発電のセグメントに分類することができます。太陽光、風力、水力、バイオなどの再生可能エネルギーは、自然発生的に得られるエネルギー源であり、エネルギー補給が容易で、温室効果ガスの排出削減に重要な役割を果たしているため広く利用されています。再生可能エネルギーシェアの増加は、バーチャルパワープラント市場にポジティブな影響を与えます。

エンドユーザー別には、住宅用、商業用、産業用に分類されています。このうち産業用部門は2019年に最大の市場シェアを占めており、今後もそのシェアを保持すると予想されています。地域的には、北米が最大市場です。再生可能エネルギー源へのシフト、より安定した送電系統へのニーズ、大手企業の存在が同地域の市場を牽引しています。アジア太平洋地域は、建設産業の驚異的な成長、中国やインドを中心とするクリーンエネルギーに向けた政府の規制政策やイニシアティブにより、今後数年間で有利な機会をもたらすと予想されています。日本と韓国もまたAPAC地域の先進国として、今後数年間でこの地域のバーチャルパワープラントを後押しすることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]