バッテリー監視システムの市場規模、2025年までCAGR18%超で成長予測 電気自動車を推進する政府の政策が市場を牽引

バッテリー監視システムの市場規模は、2025年までにCAGR18%以上で成長すると予測されています。従来のエネルギー源による環境汚染を減少させるため、電気自動車を推進する政府の政策や、再生可能エネルギー発電およびバッテリーの運用効率を高める必要性が、市場の成長を後押しします。

市場は、コンポーネント、タイプ、電池の種類、エンドユーザー、地域によって分類されています。

コンポーネント別では、ハードウェア部門が市場を支配しており、インストールの容易さ、データのより高速なサンプリング、ケーブルの削減、さらに、センサー、データロガーなどのハードウェアコンポーネントの高解像度データ記録機能により、2025年までその存在を維持すると予想されます。

電池の種類別では、リチウムイオン電池部門が、電動工具、バッテリーバックアップ、電気自動車などへの採用拡大から、市場を支配すると予想されています。

地域別では、北米地域が、データセンターや再生可能エネルギー発電への投資拡大から、市場をリードすると予想されています。また、同地域の大手企業の存在が、市場の成長を後押ししています。

市場をリードするプレイヤーには、SBS、Powershield、Schneider Electric、ABB、BatteryDAQ、HBL Power Systems、SOCOMEC Group、Curtis Instruments, Inc.、Canara、BTECHなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]