ビッグデータ分析の市場規模、2025年までに870億米ドルを突破予測 IoTデバイス市場の拡大とAIソリューションの実装が成長を牽引

ビッグデータ分析の市場規模は、2025年までに870億米ドルを突破し、CAGR12%で成長すると予測されています。ビッグデータ分析は、HadoopやApacheなどの様々なツールを組み合わせたものです。これらのツールの主な機能は、構造化されたデータだけでなく非構造化されたデータの収集、管理、整理、アクセス、配信です。IoTデバイス市場の拡大とAIソリューションの実装は、ビッグデータ分析の成長を牽引している要因の一つです。同市場の課題は、多様化しているデータセットを分析プラットフォームに組み込むことです。さらに、専門家の不足も深刻な課題となっています。

市場は、展開モード、アプリケーション、コンポーネント、エンドユーザー産業、組織規模、地域に基づいて分類されています。アプリケーション別では、リスク・不正分析、企業データウェアハウスの最適化、IoT、顧客分析、運用分析、セキュリティインテリジェンス、その他に分類されています。運用分析部門は、最も急速に成長するアプリケーションになると予想されています。これは、運用分析が障害、欠陥、問題の根本原因を特定するのに役立つという事実に起因しています。コストと時間の削減につながり、不正行為の検出がより簡単になります。エンドユーザー産業別では、BFSI、ヘルスケア、政府機関、IT・テレコム、製造業、小売業、その他に分類されています。2019年はBFSIが市場を席巻しており、その優位性を維持することが期待されています。顧客体験の向上と正確なデータ分析への関心から、このセクターにおけるビッグデータ分析の採用を後押ししています。地域的には、北米が最大のシェアを占めており、今後数年間は市場を支配し続けると予想されています。

事業を展開している主なプレイヤーは、International Business Machine Corporation、Splunk Inc.、Amazon Web Services, Inc.、Teradata Corporation、Dell Inc.、Oracle Corporation、Accenture Inc.、Microsoft Corporation、Palantir Technologies Inc.、SAP SEなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]