量子コンピューティング:データ処理能力と速度の大幅な向上に政府機関、企業、ベンダーが注目も、既存の技術や運用インフラへの統合に課題も

誘因

量子コンピューティングは、企業、政府機関、ベンダーの注目分野であり、数十年前から目標とされてきたデータ処理能力と速度の大幅な向上の活用を試みてきました。現在のところ、この技術の実装は限られていますが、企業の利害関係者は量子の未来に向けた土台を築いています。市場では、潜在的なユースケースの特定や検証により、量子技術の能力向上を目的とした研究への投資、実行可能で商業的な量子ベースの技術ソリューションの導入に向けたパートナーシップの確立などが行われています。

見解

量子コンピューティングは、まだ初期段階にありますが、企業が戦略を立て、パートナーシップを結び、量子を使った実験を開始するには、今が適切な時期です。

商業的に実行可能な量子コンピューターの開発競争は、短距離戦というよりは長距離戦のようなものであり、すべての利害関係者の間でROIの期待値に関しては統制する必要があります。

量子プラットフォームやハードウェアへの最良のアプローチ方法は一つではなく、各量子ソリューションの有効性は、ユースケースや業界ごとに異なる場合があります。

利害関係者は、量子コンピューティングの技術的能力と限界、および量子コンピューティングを既存の技術や運用インフラに統合する際に直面する課題を、明確に理解しておく必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]