ロボティクス・自律型マシンの市場規模、2026年には2860億米ドルに到達予測 物流、スマート製造、AVなど非産業用部門に活路

ロボット市場は、産業用ロボット中心から非産業用ロボット中心にシフトしています。近年、新規のロボット技術により、新たな用途が可能になりました。この進歩はハードウェアの改善などによるものですが、この革新的な用途の多くは、人工知能(AI)、マシンビジョン、および機械学習の進歩によって可能になりました。新興市場には、消費者向けロボット、商業用無人航空機(UAV)、自律走行車(AV)、および配送ロボットが含まれます。

2020年には、世界的なCOVID-19パンデミックにより、部品の調達、工場での生産、困窮しているエンドユーザーからの需要に混乱が生じました。これにより、2020年は業界全体が縮小し、少なくとも2021年まで影響が及ぶ可能性があります。一方で、将来的な生産や物流に関連するビジネスの必要性は、世界経済の回復とともに、ロボットソリューションの需要を刺激する可能性があります。

市場の成長は、2020年から2021年には減速すると予測されているにもかかわらず、ロボティクス産業、特に物流、スマート製造、AVなどの非産業用用途での大幅な成長が期待されています。これらの新しい用途は、2019年の600億米ドルから2026年には2860億米ドルまで、市場を押し上げると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]