ニューロモーフィックコンピューティング市場:今後、5年で商用利用の観点から指数関数的に成長、エッジIoTデバイス市場に大きな影響も

脳に触発されたコンピューティング

ムーアの法則が限界に達し始めた今、ニューロモーフィックコンピューティングは、将来のハードウェア開発のきっかけになりつつあります。ニューロモーフィックコンピューティングは、スパイクニューラルネットワーク(SNN)とメモリスターを使用して人間の脳を模倣します。リアルタイムで低消費電力のコンピューティングを提供することで、ユーザーは自己学習型のエネルギー効率の高いデバイスという夢を実現することができます。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、エッジデバイスなどの新興および進化する技術には、少ない消費電力でスケールアップして高速計算を実行できる新しいハードウェアアーキテクチャが求められています。ニューロモーフィックチップは、脳や人間の認知機能に基づいたコンピューティングプラットフォームを指すコグニティブコンピューティングのために開発されている多くのソリューションの1つです。

展望

ニューロモーフィックチップはまだ黎明期にありますが、ロボティクスからエッジIoTに至るまで、次世代のコンピューティングや通信ソリューションを形作る可能性を秘めています。主流のチップ技術として受け入れられることは、遠い可能性のように見えるかもしれませんが、これらのチップは実験的なケーススタディで有望であることが示されています。現在市場に出回っている数種類の実験用キットはごくわずかですが、2年以内に商用製品が発売される予定です。ニューロモーフィック研究は着実に進歩しています。ニューロモーフィック技術は今後5年以内に商用利用の観点から指数関数的に成長し、エッジIoTデバイス市場に大きな影響を与えると考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]