医療用ロボットの市場規模、2019年の19億米ドルから2025年には54億米ドルに成長予測 医療従事者や企業はロボットやドローンを使った革新的な方法を模索中

COVID-19のパンデミックは、人々の働き方や人との関わり方、特にヘルスケアの提供の仕方に変化をもたらしています。世界的な危機に直面している国々では、COVID-19の原因となる、SARS-CoV-2ウイルスと闘うために、何千台ものロボットやドローンが病院、街頭、公共施設、そして世界中に配備されています。医療従事者や企業は、ロボットやドローンを使って患者や隔離されている人を助けるための革新的な方法を模索しています。

医療用ロボット市場はすでに台頭していましたが、このパンデミックが市場の成長に一層の拍車をかけています。この影響により、業界の開発、需要、投資が、後押しされることが予測されます。ロボット企業、インテグレーター、付加価値サプライヤーは、この業界にサービスを提供し、市場シェアとマインドシェアを獲得するための多くの機会を持っています。パンデミックの影響を受けた、医療用ロボット市場の勢いを利用しようと考えている既存企業や新興企業に投資が集まっています。これは、大企業にとっては多様化のチャンスであり、小規模企業にとってはニッチなヘルスケア市場向け製品やサービスを開発するチャンスでもあります。世界の医療用ロボット市場は2019年の19億米ドルから2025年の54億米ドルに成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]