AIエッジチップセットの収益規模、2025年には519億米ドルに エッジでのAI推論の必要性が需要を牽引

エッジデバイス上での人工知能(AI)の必要性が認識され、エッジに最適化されたチップセットの設計競争が始まっています。エッジデバイスでのAI処理はプライバシーの問題を回避すると同時に、クラウドコンピューティングの帯域幅、遅延、コストの問題を解決します。エッジ推論は2019年から2020年の重要なワークロードとして浮上しており、多くの企業がAIワークロードを高速化するためのチップセットソリューションを導入しています。携帯電話、ドローン、HMD、ロボット、スマートスピーカー、PC・タブレット、防犯カメラ、自動車、エッジサーバー、マシンビジョンなどが、AIエッジチップセットの需要を牽引しています。

エッジでのAIアクセラレーションの必要性が実現したことで、AIを必要とするデバイスの出荷が急増しています。より高い計算能力を必要とする新しいAI駆動アプリケーションは増加し続けており、チップセットアーキテクチャの革新の必要性が高まっています。異なるアーキテクチャはAIエッジアクセラレーションに異なるメリットを提供するので、AIエッジ処理で最高のものを得るためにアーキテクチャを混在させることが一般的になりつつあります。この傾向は今後も続き、複数のアーキテクチャがAIエッジチップセットに統合されます。統合チップセットは、ディスクリートチップセットと比較して、エッジでより広く普及すると推測されます。AIエッジチップセットの売上高が2019年の77億米ドルから2025年には519億米ドルに成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]