人工知能ソフトウェア、幅広いビジネスモデルで展開 ハイブリッドソリューションの年間売上高は2025年には455億ドルを達成予測

人工知能(AI)は協調的で進化する性質を持っているため、完全に自社で構築したカスタムビルドのアプローチから、あらかじめ構築されたソリューションやツールを使用したよりモジュール化されたアプローチまで、いくつかの異なるビジネスモデルが登場しています。AIの導入を検討しているすべての企業にとって、単一のビジネスモデルが正しいということはなく、市場が成熟するにつれてハイブリッドソリューションが最も魅力的になってくるでしょう。

プログラミングプラットフォームやツール、そしてクラウドベースのインフラストラクチャが広く利用できるようになったことで、市場に大きな変化がもたらされました。企業は単一のAIベンダーに固定する必要はなく、データサイエンスチームやエンジニアを雇って、ゼロからAIモデルを開発、トレーニング、実行することができます。しかし、企業市場のかなりの部分では、ゼロからAIを開発するスキルも予算もありません。このような状況を受けて、構築済みのAIソリューションやツールを販売するベンダーや、既製のAIをカスタマイズできるコンサルタントや請負業者が増えています。AIソフトウェアの年間売上高は、2018年の101億米ドルから2025年の1260億米ドルに拡大すると予測されています。2025年には、クラウドベースのAI製品の20%、構築済みのAIソリューションの20%に対して、ハイブリッドソリューションが世界の年間売上の36%を占めると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]