ロボットコンポーネントの市場規模、自動化と人工知能の需要拡大で2025年には1263億米ドルに 企業向けロボットの拡大が促進要因

スマートファクトリー、Eコマース、オンデマンド生産の台頭により、非産業分野を中心にロボットやドローン部品の必要性が高まる

ロボット市場は、特に企業と消費者部門における自動化、スマート製造の台頭や、電子商取引フルフィルメントの急増に伴い、力強い成長トレンドが報告されています。その結果、ロボットアームからアクチュエーター、センサー、コントローラーに至るまでのコンポーネントに対する大きな需要がうまれています。

コンポーネント企業がロボットの能力、スピード、巧緻性を向上させるソリューションを開発する中で、新たな機会が創出されています。非産業用ロボットの使用例は、ロボットのセットアップを容易にする技術の進歩に加え、ロボットが高度な人工知能(AI)、ディープラーニング、マシンビジョンの技術を用いて困難なタスクに挑戦できるようになったことで、急速に拡大しています。ロボットの知覚、物体認識、物体の把持と操作、デュアルグリッパーといった人間のような能力は、今後数年でさらに大きな需要を牽引する可能性があります。コンポーネントプロバイダーが製品を多様化させ、新興企業が業界に参入することで、市場の競争は激化しています。ロボット部品市場は今後も急速な成長を続け、2025年末には世界の売上高が1263億米ドルに達すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]